多言語キーワード検索

お客様が国内市場で使用しているキーワードは、多言語SEOを始めるにあたり良い出発点となります。しかし、そのキーワードをただ翻訳するだけでは、お望みの結果は得られないかもしれません。このキーワードを翻訳する方法はいくつかあり、成功には、信頼性の高い多言語キーワード検索プロセスが不可欠です。

実際に、人は何を検索しているのでしょうか?

「携帯電話」を例に考えてみましょう。

お客様の見込み客が実際に検索で使用しているキーワードと一致していなければならないため、最も明らかな翻訳が最適とは限りません。そこでキーワード検索が必要になります。

ドイツ語を話す市場の場合、「携帯電話」の正しい翻訳はMobiltelefonになります。しかしドイツ人は、HandyまたはSmartphoneと検索することが多いのです。一方、スイスの人々は、Natelと検索する傾向があります。 お客様がスペイン語を話す市場をターゲットにしているのであれば、スペインにはmóvil、そしてラテンアメリカにはcelularと、言葉を分ける必要が出てきます。

Multilingual keyword research

携帯電話

Handy

Smartphone

Natel

キーワード検索は競合性を考慮に入れるべきです

もし、Bluetoothのスピーカーを販売しているなら、このキーワード 「Bluetooth」は競合が激しいため、スマートなSEO戦略が必要です。もちろん、既にご存知のことでしょう!

これと同じ原理が、ローカライズされたキーワードにも当てはまります。より高いランキングを国内市場で達成するために、少ないボリュームのキーワードを選んでいるのなら、同じ戦略がターゲットマーケットにも適しているかもしれません。

つまり、検索ボリュームとキーワードの困難さの間の釣り合いを取る必要があるのです。キーワード検索は、これを正しく行うのに役立ちます。

効果的なロングテールキーワード

単一ページの2つ以上のキーワードで上位を狙うのにはコツがいりますが、ロングテールキーワードはコンテンツに文脈を与えるため、Googleがそのページをランキング最上位にする可能性があります。

多言語キーワード検索は、このようなロングテールキーワードを特定し、主要キーワードと関連付ける必要があります。これがキーワードクラスタとして知られるコンセプトです。

キーワード検索で重要なデモグラフィック

常に覚えておきたいことは、各ターゲットマーケットで実在の人にリーチしようとしていること、そして18歳の人は40歳の人とは異なる検索語を使っている可能性があるということです。

同じことが、地域の方言にも当てはまります。同じ国内で複数のオーディエンスを対象にする必要があるなら、各グループにとって適切で、具体的なキーワードを含んだコンテンツの作成を検討してください。キーワード検索プロセスは、国ごとの多様なオーディエンスを理解するのに役立ちます。

貴社の製品はあらゆる市場で適切ですか?

最後になりましたが、国内市場で大きなボリュームを得ている検索語が、ターゲットマーケットで必ずしも適切ではないことにお気づきになったのではないでしょうか。

例えば、スポーツウェアブランドの場合、ベースボールキットに対するキーワード検索は、ヨーロッパのほとんどの国では大きな検索ボリュームにはならないことに気づくでしょう。

これは、これらの市場に対して、貴重な予算を使ってこのコンテンツを翻訳する価値はないことを示しています。

Multilingual keyword research

弊社の多言語キーワード検索サービスは、PureFluent 多言語SEOソリューションに不可欠な構成要素です。これには、多言語キーワード管理、PureFluent SEOプラグインおよび弊社の専門家によるSEOローカライゼーションプロセスが含まれます。詳しくは弊社までお問い合わせください。

最新のブログ投稿

Top tips for getting better machine translation results

Everyone knows Machine Translation is getting better, but what steps can you take to further improve performance? Here are our top tips for achieving better Machine Translation results.

Top Tips: Making the most of a reduced translation budget

There are lots of good reasons to translate more of your content, but many are having to deal with the reality of a reduced translation budget – at least in the short term. Here are our Top Tips for making the most of your budget.

Does multilingual video help SEO performance?

Today we’re asking whether multilingual video helps SEO performance. Video content has exploded in the past decade and is now central to most marketing strategies. But how does video, and specifically multilingual video, relate to your SEO strategy?

PureFluent introduces the first Translation Subscription Service – WordStore

PureFluent have just launched a range of translation subscription services. This week, Tim and Ian talk about the thinking behind the new service and how it works.

Pentland Brands talk about their drive to provide shoppers with a great experience on Amazon

Pentland Brands talk about what they’re doing to make sure iconic brands like Speedo and Berghaus hit the mark with their customers on Amazon.

How should customers assess translation quality?

Assessing the quality of a translation is tricky, especially if you don’t speak the language! We take a look at some of the best practices to ensure that your translations deliver against your objectives.

Do translations drive ecommerce results even when customers speak some English?

When you’re selling into a market or demographic which speaks decent English, you may be tempted not to translate. In this week’s blog we show how that could be a mistake if you want to maximise customer engagement.

Is English ok for my customers?

Translation can be expensive, so it’s understandable people ask, is English ok for my customers? This week we explore which markets need translations.

Should you add subtitles or voiceover to your video content?

Video is rocket fuel for your online marketing, but are you translating your video content? We discuss subtitling vs voiceover and some of the reasons you should consider translating.

How is the gig economy debate affecting the translation business?

The Gig Economy is rarely out of the news these days, and this week we take a look at how this hot topic relates to the translation sector.

var scrollPlayers = Array.prototype.slice.call(document.getElementsByClassName('scrollPlayer')); console.log(scrollPlayers) window.addEventListener('scroll', function() { scrollPlayers.forEach(function(el){ //var element = document.querySelector('#main-container'); var position = el.getBoundingClientRect(); var margin = (window.innerHeight / 2) - 50 console.log(window.innerHeight + " -- " + margin + " -- " + position.top + " == " + (window.innerHeight - margin)) if(position.top >= margin && position.top <= window.innerHeight - margin) { console.log('Play now'); el.play() } // checking for partial visibility if(position.top = 200) { //console.log('Element is partially visible in screen'); } }); });

始めてみませんか?